【悩める男性必見】街コンで初対面の女性に心を開かせる会話術とは?

スポンサーリンク




「街コンでの会話は難しく考えてはいけない」

街コンで、女性とどのような会話をしたらいいかわからない、と考えている男性はとても多いです。

「どんな会話をすればいい?」
「どんな話題なら盛り上がる?」
「女性に楽しいと思ってもらえる会話とは?」

きっとあなたもこのような疑問、悩みを持っていることでしょう。

確かに、話していて面白い、会話の中で価値観が合う、と思ってもらうということは、女性に好意を抱いてもらう上でとても重要なこです。

しかし、「何を話せばいいのだろう?」と考えて、考え抜いた会話に、面白い話など1つもない、ということを覚えておいてください。

街コンで出会った初対面の女性を、本当に楽しませる会話というのは、あくまでも自然な形で交わされる会話なのです。

よく、会話に困ったら天気の話や出身地、趣味などを聞け、と言われていますが、それは他の人も使っている、いわばマニュアル化されたテクニックです。

そのような、マニュアル化された会話から入ってしまうと、女性としては、とてもつまらなく、病院の問診票を書いているような気分になってしまうことが多いです。

そこで、この記事では、マニュアル化された定番の会話テクニックではなく、少し捻りを加えた会話術を紹介していきます。

この記事を読むことで、

「なんて声を掛けたらいい?」
「会話が途切れないようにしなきゃ」

という焦りや、不安が解消され、自身を持って街コンへ参加することができるでしょう。

それでは、街コンの序盤での会話術を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク




街コン開始直後の会話術

街コンの開始直後とは、運営側が、

「それでは今から始めます!」

と言ったタイミングではなく、あなたが街コンの会場に到着した瞬間のことを指します。

街コンは、受付時間と開始時間が30分程度開いていることが多く、早く到着した場合は、開始時刻まで待たなければなりません。当然自分だけでなく、他の参加者も続々と集まってきます。

その際、街コンの開始時刻まで黙って待っているわけにはいきませんから、必然的に他の参加者と会話を交わすことになります。

この時に、「なんて声を掛けたらいいのだろう?」と焦ってしまう人が多く、ほとんどの参加者は、しどろもどろな感じで会話を始めていきます。

しかし、これから紹介する会話術をマスターすることで、どれだけあなたが口下手であっても、初対面の参加者と、自然な形で会話をすることができるようになるでしょう。

会話術1:「迷いませんでした?」

会場に到着してすぐに会話を切り出す場合は、

「迷いませんでした?」

が非常に有効です。

というのも、街コンの会場で、まだ出会ったばかりの女性に、いきなり

「こんにちは、趣味は何ですか?」

なんて聞けないですよね?

女性とのファーストコンタクトでは、あくまでも自然な形で声をかけていくことが大事になります。

そこで、もし不自然な話題を振ってしまったり、突っ込んだ質問をしてしまうと、

「何この人」
「変わった人かもしれない」

と、警戒心を持たれてしまう可能性が高いです。

街コンでは、第一印象がとても大事になってきます。

「迷いませんでした?」という質問をすることによって、とても自然な形で会話を始めることができるため、警戒心を持たれにくくなるのです。

また、この質問に女性がなんと答えてきたとしても、次の会話に繋げやすいということも特徴です。

例えば、

男性「こんにちは、迷いませんでした?」
女性「はい、大丈夫でした」
男性「すごいですね!自分は入り口がわからなくて、うろうろしちゃいましたよ・・・笑」

男性「こんにちは、迷いませんでした?」
女性「迷っちゃいました・・・笑」
男性「僕もなんですよ笑意外とわかりづらいですよね?」

このように、女性がどんな返事をしても、次の会話に繋げやすいのです。この流れで会話をスタートすることができれば、段々お互いに緊張がほぐれ、少々突っ込んだ質問もできるような雰囲気になってきます。

会話術2:「緊張しますね」

これは、相手の共感を誘うための切り出し方です。

人間の心理として、相手と共感できるものがあれば、その相手に対して親近感が湧くようにできています。

そのため、相手と同じことを考えていますよ、というアピールをすることが効果的なのです。

街コンでは、やはり男性、女性共に緊張している場合が多いため、最初は「緊張しますね」と話しかけても、相手も緊張しているため、「はい」とか「そうですね」と返されてしまうことがほとんどです。

しかし、緊張しますねという切り出し方の強みは、会話が終わってしまうような相づちをされても、次の会話に繋げやすいということです。

例えば、

男性「緊張しますね」
女性「そうですね」
男性「今日は人数多いんですかね?」

そうですね、と返された後に、「今日は参加人数多いんですかね?」と質問をすることで、女性が次に答える時には、はい、かいいえ、では答えられなくなります。

そのため、自然とオープンクエスチョンを投げかけることができるのです。

*オープンクエスチョンとは、相手がYESかNOで答得られない質問のこと。逆にYESかNOで答えられる質問のことを、クローズドクエスチョンと呼ぶ。

会話術3:「お腹減っちゃいました笑」

街コンでは、お酒だけでなく、お料理がふるまわれることも珍しくありません。

このような、お料理が提供される街コンで最も有効な、最初の会話の切り出し方が、

「お腹減っちゃいました」

です。

これは、質問ではなく自分の思っていることです。

男性の中には、「初対面の女性に自分の思っていることを言っても、興味を持ってもらえないのでは?」

と思う人もいますが、お腹が減るという誰にでもあり得るワードで会話を切り出すことによって、相手が自分のことに置き換えて話をしてくれる場合が多いです。

どういうことかというと、

男性「お腹減っちゃいました」
女性「私もお腹減りました~」
男性「今日はどんな料理が出るか楽しみですね」

とか、

男性「お腹減っちゃいました」
女性「ご飯食べてきてないんですか?」
男性「そうなんですよ。食べてきました?」

みたいに、会話をどんどん発展させていくことができるのです。

街コンが始まる目に、女性とある程度距離を縮めることができれば、他の男性参加者より、一歩リードしたことになります。

街コンでうまくいく男性というのは、大体開始時刻よりも早く到着しています。そして、同じく早く来ている女性参加者と積極的にコミュニケーションを取っていくのです。

ただし、女性からのイメージがダウンしてしまう、NG会話というのもあります。
街コンの会場で、出会ってすぐの女性に、このNG会話でファーストコンタクトを取ってしまうと、イメージダウンに繋がりますので注意が必要です。

では、どんな会話がNGなのかを具体的に見ていきましょう。

NG会話1:天気の話

初対面で会話に困ったら、天気の話をしろという人もいますが、これを鵜呑みにしてはいけません。

天気の話を最初にしてしまうと、

「晴れですね」
「雨ですね」
「あったかいですね」
「寒いですね」

のような、当たり前のことで会話を始めることになってしまいます。

当然、なんて返したらいいかわかりませんよね?

天気の話を切り出すと、大体返事は、「そうですね」になってしまうのです。

そして、ここで会話が途切れます。
天気の話をすることの問題点は、次に繋げづらいということです。

天気の話をして、会話が途切れたら、次も天気の話で繋げるわけにはいきませんよね。

ということは、別の話題を振らなければならなくなってしまいます。

そうなってしまうと、自分も相手も疲れてしまい、距離が全然縮まりません。

そのため、街コンで出会ってすぐの女性に天気の話をするのは、避けるべきでしょう。

NG会話2:休みの日の話

「まだ早い!」

休みの日の話をしてはいけない、といっているわけではなく、出会ってすぐに「休みの日は何してるんですか?」と聞くのは、タイミングが早すぎます。

私は、現役の街コンスタッフなのですが、出会ってすぐに「お休みは何をしているんですか?」と聞いている男性を何人か目撃したことがあります。

しかし、出会ってすぐに、「お休みは何をしてるんですか?」なんて聞かれたら、男性女性問わず警戒心を持つでしょう。

物事には、全て段取りがありますよね。

それは、会話も同じです。
最終的に、女性と仲良くなって、恋愛に発展させるためには、まずは基礎となる土台を固めなければならないのです。

この土台というのは、相手との信頼関係です。

「初対面で、そこまで厚い信頼関係を築くのは無理」

と思う人もいますが、それでいいんです。

他の男性参加者よりも、若干女性が心を許してくれている、くらいで全く問題ありません。

むしろ、相手が少しでも自分に心を許してくれたとすれば、もうその街コンは成功したも同然です。二次会やデートのお誘いも、しやすくなるでしょう。

NG会話3:よく来るんですか?

これは一見、会話の切り出し方としては問題ないように見えます。

これが、居酒屋やバーなどであれば、「よく来るんですか?」という会話から発展してくこともあるでしょう。

しかし、街コンは、いわば合コンです。

そのため、よく来るんですか?なんて質問をすると、女性は若干侮辱を受けた気持ちになることもあります。

私たちスタッフも、常連さんに「いつもありがとうございます」とは絶対に言いません。

例え何回も来ている女性であっても、

「何度も来ています」

なんて恥ずかしくて言えないでしょう。

言ってる方に悪気はなくても、「デリカシーがない」とマイナスイメージを持たれてしまうこともあるので、注意が必要です。

まとめ

街コンで女性との会話を、どう切り出したらいいのかわからないという人は、今回紹介した、少し捻った会話術を試してみることをおすすめします。

もう一度まとめると、

「迷いませんでした?」
「緊張しますね」
「お腹すいちゃいました」

です。

このような会話は、例え相手がはい、やいいえ、そうですねと返してきたとしても、次の会話に繋げやすく、自然な形で会話を進めることができます。

自然な会話をするときに大事になることは、考えすぎないことです。

よくあるのが、どうやったら盛り上げられるかなと、無理に楽しい話をしようとして、空回りしてしまうことです。

今回紹介した、会話術を実際の街コンでも活用していけば、口下手な男性でも、女性とスムーズに自然な形でコミュニケーションを取れるでしょう。

ただし、マニュアル化されたビジネス会話のような切り出し方は禁止です。

・天気の話
・休みの日の話
・女性を傷つける話

初対面の場合、第一印象はとても重要ですので、これらの切り出し方は避けるべきでしょう

さて、ここまでを理解することができたら、次にやることは、実際に街コンに参加することです。

女性との会話術の知識だけあっても、行動しなければその知識は無意味です。

今回紹介した会話術は、あくまでも、あなたが街コンで素敵な出会いを果たすためのノウハウなのです。

会話術を覚えた段階で、あなたは他の男性よりも一歩リードしています。

ここで行動を起こし、街コンへの参加を決めることができれば、素敵な出会いにまた一歩近づくでしょう。

街コンへの参加は、大手街コンサイト街コンジャパンがおすすめです。

参加チケット購入

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする