街コンで女性とその場限りになってしまうのはなぜ?~街コンでの出会いを長続きさせる方法とは~

スポンサーリンク




「街コンでその場限りが多い人は詰めが甘い」

街コンで出会った女性といい感じの雰囲気になっても、数日後には連絡も途絶え、関係も終わってしまったという経験はないでしょうか?

せっかく街コンで気になる女性を見つけ、良い感じの雰囲気まで作り出すことが出来たのに、その場限りで終わってしまうのは、非常に悔しいですよね。

しかし、街コンでその場限りの関係になることが多い人は、最後の詰めが甘いという特徴があります。

女性へのアプローチやデートの誘いなど、全てのおいて中途半端に終わってしまっているのです。

この記事では、街コンでの出会いをその場限りにしない方法や、その場限りになってしまう人の特徴などを詳しく解説しています。

今回の内容をしっかりと頭にいれて、街コンに再びチャレンジすることで、今までその場限りだったのが、いつまでも連絡が途絶えることなく、何度もデートに行ける関係に発展させることができるでしょう。

それでは、本題に入ります。

スポンサーリンク




街コンでその場限りになることは意外と多い?

街コンで、その場限りの関係で終わってしまうことについて、相当悩んでいる男性も多くみられます。

「どうして俺だけ・・・」
「みんなどうやって街コンで彼女を作っているんだろう」

と考える人もいますが、それはただの勘違いです。

街コンでは、カップルが誕生する割合が非常に少なく、その場限りで終わってしまう男女の方が圧倒的に多いのです。

多くの男女が集まり、出会いが多い街コンで、なぜその場限りの男女が多いのかというと、それは街コンに対する考え方に原因があります。

日本には、男女の出会いを目的としたサービスがいくつも展開されていますね。

代表例を挙げると、街コン婚活パーティ結婚相談所マッチングアプリなどです。

ただ、これらのサービスの真剣度を見てみると、

マッチングアプリ<街コン<婚活パーティ<結婚相談所

というように、結婚相談所に近づくにつれて、参加者は結婚に対しての意識が強くなっていきます。

つまり、街コンでは、

「そこまで結婚願望はないけど、彼氏彼女が欲しい」
「ただ異性の友達が欲しいだけ」

というような目的の男女が集まるのです。

そのため、カップルの誕生率が低かったり、その場限りになってしまう人が多いというわけです。

でも、心配する必要はありません。

ちゃんと街コンでの出会いをその場限りにしない方法も存在しています。

街コンでの出会いをその場限りにしない方法

1:できるだけアタックする女性を絞る

街コンでは、場合によっては男女合わせて100名を超える参加者になることもあり、女性が50名以上参加することも珍しくありません。

多くの女性が参加をするということは、たくさんの女性と話すことができるということですが、実はそこに落とし穴が隠されているのです。

街コンは、大体2~3時間の開催となることが多いため、たくさんの女性と話しをするとなると、一人の女性に掛ける時間は、ほんの数分となってしまうことがあり、濃い話ができません。

そのため、結局その場限りになってしまうのです。

ですから、街コンでその場限りにしたくないのであれば、アタックする女性を絞るということが大切になってきます。

ちょっとでも話してみたいと思う女性や、気になる女性がいるのであれば、その街コンはその人に集中すると自分の中で決めてしまうのです。

そうすることで、その女性と濃い話ができる可能性が高くなり、次のデートにも繋がりやすくなるのです。

たくさんの女性がいると、絞れない、選べないという男性の場合は、最初からあえて少人数の街コンを選ぶということも一つの方法です。

2:デートの予定はすぐ決める

多くの男性が、街コンでは連絡先を交換しておけば、後々なんとかなるだろうと思っています。

「とりあえず連絡先を交換しておこう」

は絶対にうまくいかないので、やめた方がいいです。

とりあえず連絡先を交換しておこうと言われた女性は、口先ではOKと言ってくれるかもしれませんが、追加していないか、すぐブロック削除しているでしょう。

そのため、もし気になっている女性がいて、

「この女性ともっと仲良くなりたい」

と思ったら、デートの予定はすぐに決めることが大事です。

デートは、ご飯でも映画でも、カラオケでもなんでもいいです。

大事なことは、その日に日程と時間を決めてしまうことです。

そうすることで、後日連絡をする口実にもなりますし、その場限りの関係から脱出することができます。

3:ラインや電話で無駄に連絡しない

街コンで知り合った女性と連絡を取り合っている男性の中で、しつこいラインや、電話をしてしまっている人はいませんか?

もしくは、デートの予定を決めたのにも関わらず、無駄にラインや電話をしてしまっている人はいませんか?

その場限りの関係が嫌なのであれば、今すぐに連絡する頻度を減らしましょう。

女性は、完全に好きでもない男性から、しつこくラインや電話が来るのを非常に嫌い、面倒くさがります。(男性も一緒か)

でも、男性は、

「ブロックされてないかな?」
「他に良い男性ができていないかな」

など、ありとあらゆる不安に駆られ、自分の不安を埋めるために、しつこい連絡をしてしまっていることが多いのです。

そして、自分がしつこく連絡している、面倒くさい男になっていることに気づいていない男性がとても多いです。

恋は盲目とはこのことですね。

しかし、そこは一旦冷静になり、連絡する頻度を少なくしてみたり、連絡を取らない日を増やしてみると、良い駆け引きができるかもしれません。

街コンでその場限りが多い人の特徴

1:”優しい”止まり

優しいとモテるは=にはなりません。

もちろん、モテる要素の1つとして、優しいという項目は必要ですが、優しいだけではモテる男性にはなれないのです。

しかし、街コンに参加する多くの男性は、普段から女性との交流が少なく、慣れていないことが多いため、

「とりあえず優しくしておけばいいだろう」

となってしまうのです。

女性優しくするということは、男性の務めであり、彼女を作るうえでの前提条件になりますが、それだけではダメです。

例えば、優しい中にもちょっと強引さを見せたり、ちょっとSな部分を見せたりすることで、女性はそのギャップに魅力を感じることがあるのです。

ただ、これに限っては、女性経験をいい意味で増やし、女性に対しての免疫を付けていかなければ習得できない技術です。

何度も街コンに参加して、女性と話す機会を増やしていけば、自然とどのタイミングで、どういうギャップを見せればいいのかがわかってくるはずです。

諦めずにどんどん街コンに参加していきましょう。

街コンジャパン公式サイト

2:詰めが甘い

街コンで出会った女性といい感じになっているのにも関わらず、あと一歩のところで遠慮してしまう男性も多くいますね。

例えば、趣味の話で盛り上がって、共通の趣味に関係したデートに誘うことができるのに、遠慮して自分から誘えないでいる男性です。

きっと、

「断られたらどうしよう」

という気持ちが勝ってしまっているのだと思いますが、誘ってみないと答えは分かりません。

また、デートに誘われて嫌な気持ちがする女性は、多分いないでしょう。

せっかくいい感じのムードを作り出せているのですから、最後の最後までしっかりと勇気をもって、アタックすることが大事です。

趣味を通して女性と仲よくなりたいという人は、共通の趣味を持った人が集まる街コンに参加してみることをおすすめします。

そうすれば、共通の趣味の話で盛り上がることもできますし、デートの誘いの難易度もグッと下がるはずです。

・趣味コンの参加はコチラ↓

参加チケット購入_趣味コン

3:印象に残らない

街コンでその場限りになってしまう人の特徴として、YESマンが多い傾向がみられます。

女性の話になんでもかんでも、

「うん、そうだね」

と言ってしまう人です。

そういう人はハッキリいって、女性の印象に残りません。

「いい人だったけど、顔が思い出せない」

となってしまうのです。

誰しも必ず特徴があります。

例えば、背が高い、声が低い、趣味があるなど、なんでも構いません。

女性から「○○の人だ」と覚えてもらえるように、自分の特徴をアピールすることも非常に大事なことなのです。

「自分にはなんの特徴もないよ・・・」

という男性も心配いりません。

本来、特徴のない人間はいませんが、それでも自分の特徴を見つけられない人もいます。

そのような人は、無理矢理自分の特徴を探そうとするのではなく、女性が求める男性の特徴を身に着けてしまえばいいのです。

それは、”聞き上手であること”です。

「難易度たけーよ・・・」

と思うかもしれませんが、すごく簡単です。

女性は、自分の話を楽しそうに聞いてくれるだけで、その人に好感を持つことがあります。

自分の自慢話を延々している人よりも、女性の話をまるで自分のことかのように、楽しく効いてあげることが、その場限りにしない、モテる男性になるための秘訣なのです。

・聞き上手になるための具体的な方法はコチラ

4:適当な街コン選びをしている

先ほども少し触れましたが、街コンはどちらかというとカジュアルな出会いの場という感じです。

そのため、適当な街コン選びをしていると、

「値段が安いから参加してみた」
「試しにどんなものか見に来た」
「ただ、ご飯とお酒を楽しみに来た」

という女性が多く集まる街コンに参加してしまう場合もあります。

このような参加者のクオリティが低い街コンでは、当然その場限りになってしまう可能性が高くなるわけです。

つまり、街コンでの出会いをその場限りにしないためには、街コン選びの段階で、慎重になる必要があるのです。

街コンは、全国各地で多数開催されていて、主催者も異なります。

中には、利益だけを目的としている主催者、運営が適当な街コンも多数あります。

そのような街コンを選んでしまうと、今日紹介したことに気を付けていてもその場限りの関係になってしまうでしょう。

とはいっても、街コン初心者の人や、あまり詳しくない人は、どの街コンに参加をすればいいのかわからないとなってしまうこともあるでしょう。

そのような人は、慣れてくるまでは、大手企業や有名企業が運営している街コンに参加をすることをおすすめします。

大手企業や有名企業であれば、ある程度信頼度が高く、参加人数もしっかり調整されていることが多いため、初心者でも安心して参加することができるのです。

・街コン運営の大手、有名企業のおすすめ2社

街コンジャパン

・恋活会社【Rooters】

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする